公立小学校で「お金の授業」開催



株式会社バビロニアとしては初めて小学校でお金の授業をさせていただきました!


事前に担任の先生とも打ち合わせを行い、生徒さんの人数や雰囲気、使える場所や機材、諸々確認をさせて頂きました。それを元に社長と授業プランを検討。


授業の流れのベースは社長が考え、それに合わせて使う資料の作成などを代表の方で制作。前日にリハーサルを行い当日を迎えました。


当日は普段の教室ではなくランチルームと呼ばれる広いスペースで授業をさせていただくことに。


普段とは違った雰囲気でやった方が生徒も新鮮な気持ちで授業を受けられるのでは?という担任の先生のアイデアでした。


当日はPTAの方もいらしたので、教室では手狭だったと思います。



授業は、なぜ中学生が社長になったのか?社長になってどのような活動をしているのか?そう言った内容を振り返りながら、小学生にも子供のうちから何故お金を学ばなければいけないかということを知ってもらうグループワークも実施。


後半は”お金を稼ぐ”のメカニズムとして、たくさん稼ぐとはどういうことか?将来たくさん稼ぐために小学生のうちからやっておくべきこと、そんな授業を行いました。


生徒達はワークも通じて理解を深めてくれているようで、保護者の方も紹介した書籍を直ぐに購入いただくなどお役に立てて嬉しかったです。


今後、全国の小中学校でお金の授業をして欲しいというニーズが高まると信じています。もしその際に何をどう教えていいか分からない等あれば、ぜひ弊社にお声がけください。授業のご支援または実際に講師として教壇に立たせていただくことも可能です。子供たちと年齢が近い高校生社長だからこそ子供たちが興味を持つ、理解してくれる、そんな授業を考えることが出来ると思っています。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示