社長をやっていくのに学業は必要か?














コロナで勉強は遅れたが、7月に入ったら期末テストがある。

テスト期間中は仕事は少しお休みとなる。


でももし、起業して仕事が楽しくなってきたり、忙しくなったり、

そこそこ成功してしまった場合、このまま学校に通い勉強をする

ことは本当に必要なのだろうか?


高校進学することのメリットデメリットを書き出してみた。

---------------------------------------------------------------------------------------

〇メリット1

社会に対抗できる力を得られる

(この力を私は「社会対抗力」と名付けた)

資料を読んだり書いたりする国語や、数字を見て正しい判断をする

数学、世の中の仕組みが分かる社会、などなど

そういった、社会で生きるのに必要な基盤となる力(社会対抗力)を

つけることができてないと、世の中でビジネスをしている大人達に

対抗できず、自分の事業にも直接的なダメージを受けることになる。

〇メリット2 自分に対する信用を得られる

中学生の私にとって、事業を始める時、自分の実力や実績として

示せるものは、学校での勉強しかない。

学業を放っぽり出して仕事をしても、共感を得られない可能性がある。

だからビジネスが軌道に乗るまでは、学校にもちゃんと通って、

そこで実力をつけていくことで周りの信用を得られる。

×デメリット1

学校に行くと、学校での活動(部活や委員会、宿題など)に時間を

取られ、仕事との両立が忙しくなる。

×デメリット2

仕事をするという、人と違うことをしていることで、間違った噂が

広まったり、叩かれたりする可能性がある。

また自分だけではなく、そういったトラブルに友達を巻き込んで

しまい、誰かを傷つけるかもしれない。

---------------------------------------------------------------------------------------

こうやってメリットとデメリットを書き出すと、メリットの方が

大きそうだし、学校に行って勉強することは、結果的に自分の

ためになるということが分かった。

逆にこうやって考えたことで、自分は何のために勉強しているのか、

ということが分かった状態で学校に通えるので、何も考えず親や

先生に言われて学校に行くよりも、頑張れると思う。

28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示